やっぱり、模型がいい!

こんにちは。はやかわ建築計画の早川です。

気が付けばもう12月ですね。寒いのは苦手ですが、お正月は好きなのであと一か月頑張ります!

今回は「模型」のお話です。建築模型って見たことありますか?私はかれこれ20年以上この模型を作っているわけですが、良く聞かれるのは、自分で作っているのですか?とかどれぐらいかかるのですか?って質問です。そう、自分でカッターとノリをつかって作っていて、住宅の模型であれば大体1日から2日で作ります。

自宅のアトリエで作っていると、子どもには「パパ今日は図工?」「楽しそうだね。」なんて具合です。まぁ、小学生の頃に図工が好きで、気が付いたら建築家になっていたわけで、図星なのですが。(笑)

お施主さんに平面図(間取り)と一緒にお見せすると、とても喜んでもらいえます。今どきは3Dのパースという立体的な絵などもありますが、やっぱり、模型がいい!といつも思います。模型は立体的な情報というだけでなく、見た人のワクワク感を膨らませるような夢を持っているように思うのです。家を建てるというのは、人生において大きな大きな出来事です。その出来事に、夢やワクワク感をつくり出すのが建築家の仕事です。そう、模型に夢を詰め込んで渡しているのです。

なんだか12月だからか、サンタクロースみたいな話になってしましましたね。(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です